フリーランス歴10年!!表参道で働く美容師のブログ

綺麗な髪に見えるヘアカラー

2018/12/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com

こんにちは、

髪の毛が綺麗に見える方はやはり魅力的ですね。

では、綺麗に見えるヘアカラーとは一体どんなカラーなのでしょうか?

僕の考える綺麗な髪に見えるヘアカラーを今日はカラーの施術を行う時に気をつけている事を説明しながら一緒に書いていこうかなと思います。

では逆に、なぜ綺麗に見えないのか?

その一つとして、髪が場所によって色味と明るさが違うからと僕は考えてます。

毛先の色味がアイロンなどの熱によって褪色し黄色くなっていたり、
明るくなってくる事で統一感のない色味になてしまっている事が原因の一つだと思います。

(狙ってあえてそう言うカラーもありますけどねグラデーションカラーとか)

日頃のヘアアイロンやドライヤーによる熱、紫外線などの刺激で傷いた髪は、
パサパサで枝毛が増え(これも原因の一つ)カラーの褪色も進みどうしても綺麗に見えなかったりしてしまいます。

僕はヘアカラーをする時にその部分が綺麗に見えて統一感が出る様に
カラー剤の配合を変えたり、色素の量を増やしたりして染めています。

そしてヘアアイロンをあんまり使いすぎない様に言ったりします。笑
※これはあんまり効果がない

具体的にどういう事かと言いますと、

まず、ご来店なさったカラー希望の方の髪の状態をまずしっかりと見極めます(当たり前か)

そして、髪の診断を終え目標の色味と明るさが決まったらカラー剤を選定していきます。

その時、髪の明るくなっているポイントや褪色している場所に入れるカラー剤や
放置時間、そして色素の量を計算します。

そのほんの少しのスパイスが仕上がりに出てきます。

今回の方はヘアカラーは定期的に2ヶ月に1度はされるお客様です

統一感のある美しい髪に変身されたのでヘアスタイルをご紹介したいと思います。

目標カラーはパープル+グレージュだったのですが、
来店された状態は黄色味が出ていました。

補色を混ぜていくことでグレージュを表現し、パープルもプラスしました。
補色については別で書きたいと思います。

hair color… #hair #hairstyle

Akihiro Nishiyamaさん(@akihiro_511)がシェアした投稿 – カラーリングは

※ちなみに写真は仕上げのブローもアイロンもしてない状態

どうでしょう?

パープルは艶が出やすいので艶感を出すのに一役買ってます。

髪が綺麗に見えますね〜。

配合する分量などはお客様のカラーレシピとして残しているデータや経験などから対比を決定し

少しでも艶のでる綺麗な髪になるか綺麗な髪に見えるかを計算して仕上げていきます。
(美容師さんはみんなやってると思うけど、、、)

あとは、枝毛のカットやダメージしているポイントをカットして整えると、

遠くから見ても綺麗な髪の人だな〜なんて思ってもらえる
そんな仕上がりになったのではないでしょうか?

扱いやすくそして美しい髪になって

少しでも自分の髪を好きになってもらえる様になれば嬉しいです。

それでは。また。

この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NISHIYAMA AKIHIRO , 2018 All Rights Reserved.