フリーランス歴10年!!表参道で働く美容師のブログ

美容室でよくある質問 〜てっぺんがペタっとなるんです問題〜

2018/12/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com

こんにちは、美容師の西山です。

お客様と会話をしている中で髪に関する悩みや扱い方などたくさん質問をされます。

お役に立てる情報があるかもしれませんので載せていこうと思います。

中には、『あ、それ私も思ってた!』

って、事があるかもですね。

ちなみに、悩みに対する対処方法や扱い方、考え方など僕個人的に得た知識と経験によるものが多いので多少食い違う考え方の美容師さんもいらっしゃるのでそこはご了承い頂ければと思います。

※でも基本的にどの美容師さんもお客様の髪を綺麗にしたいと思う気持ちは同じです。

今回の悩みは、

〜てっぺんペタッとなる問題〜

です。

あぁ。。。私も。

なんて方多いのではないでしょうか?

猫っ毛の方や、ロングヘアの方なんか質問される事が多いですね。

細い猫っ毛の方は元々ボリュームが出にくく、

トップに生えている髪も少なく感じるので、

ペタっとした印象を受けます。

髪がしっかりした方でもペタっとする方もいます。

ロングヘアの方です。

ロングヘアは髪自体の一本一本の重さがショートヘアに比べて重いです。(長いので)

ですので、表面の髪の重さによってボリュームが潰されてペタっとしやすいです。

お客様の中でも質問される方は、髪質を見るとこういった方が多いように感じます。

対処法として

その1

トップを乾かす際、ドライヤーの風の向きをあらかじめいろんな方向に向けて乾かす方法。

分け目をまたぐように乾かしていきます。

分け目を境目に右半分の髪を左側に持って来るように、左半分の髪を右側に持って来るように。

そうする事で分け目付近の髪を立ち上げる事になり、気持ちフンワリと乾かす事ができます。

その2

顔を正面から見て黒目と黒目の間(モヒカンライン)にある髪を真上に引き出しながら持ち上げて乾かす方法。

ボリュームアップをさせながら乾かしているようなイメージで乾かします。
そうする事でトップの髪の根本を少し立ち上がらせる効果があります。
仕上げに立ち上がった髪に冷風をかけてキープするとなお◎

その3

トップと呼ばれる頭の上にある髪の毛を乾かす際、つむじの回転する方向と真逆の回転でドライヤーを当てていく方法。

これは担当の美容師さんもしくはご家族や恋人、自分の頭のつむじを見せても良い人に見てもらってから回転する方向を確認してから乾かすといいでしょう。

これらの乾かす方法に共通して言えるのは、

濡れた状態から乾かす際に行った方が効果があるという事です。

乾いてからでも効果がないわけではないですが、濡れていて乾かすタイミングでやってあげるとより効果を発揮すると思います。

ぜひ、みなさんも参考にして頂ければと思います。

今回はドライヤーで出来る『てっぺんペタッと問題』の解決法を少し書きました。
道具を使うやり方などものちのち書いていこうと思います。今回はこの辺で。

他にも、
『私こんないい方法知ってる!!』って方がいらっしゃったらぜひ直接メッセージで教えていただけるととっても嬉しいです。

よろしくお願いします。

一人でも多くの方に自分の髪を好きになってもらえれば嬉しいです。

それでは。また
ご予約や髪のご相談の方はお気軽にコチラに↓

この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NISHIYAMA AKIHIRO , 2018 All Rights Reserved.