フリーランス歴10年!!表参道で働く美容師のブログ

襟足が絡まる原因

 
この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com

こんにちは。

表参道で美容師をやっております、西山です。

普段、お客様の髪の悩みを聞いていて

良く出るお話で、

『襟足の所が絡む』

というのがあります。

特に少しクセがある方に多く、

多毛の方に多いように思います経験上。

ですので、

今回はその理由を考えてみることにしました。

理由その1

就寝時の枕との摩擦

摩擦は枝毛を増やす原因となり、

枝毛が増えると絡まりやすくなります。

理由その2

ドライヤーで乾かしきれていない。

襟足の部分は髪が密集しているので、乾かしずらく、乾ききっていない状態になっている事が多いです。

乾いていないと髪はキューティクルが整っていない状態になり摩擦に弱くなります、

したがって摩擦に弱くなりからまりやすくなります。

理由その3

ボリュームが多い

ボリューム出るところはそれだけ髪も多いと

いう事なので、それだけ髪同士の摩擦もおきやすい。

なので枝毛になり絡まりやすくなる。

理由その4

クセが強い!

襟足のところはクセが出やすく、

ほかのポイントよりうねっている事が多いので、絡まりやすい。

と、

いくつか理由があります。

これらを改善するには、それぞれ方法があります。

摩擦を少なくするために

①ヘアーキャップをかぶる

②タオルドライをしっかりして、

襟足の乾かし漏れを防ぐ。

③カットして、快適なボリュームに抑える

④クセのでる所は適切なやり方でしっかりとトリートメントなど保湿を行う。

美容室で出来る事でさらに出来る事は

襟足の枝毛をしっかりと取ると指通りも良くなり扱いやすい髪になるでしょう。

少しの工夫で襟足の絡まりが改善される

ので、少し気にしてみると髪が扱いやすくやるので、実践してみてください。

ではでは今日はこの辺で。

髪のご相談などはお気軽にこちらからお問い合わせ下さい↓

お問い合わせ。

この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NISHIYAMA AKIHIRO , 2019 All Rights Reserved.