持続化給付金について。

情報シェア








持続化給付金について。


こんにちは。

西山です。

コロナウィルスの影響で事業にも専念できない状況が続き、非常に苦しい毎日ですが
少しでも知っている情報をシェアしようと思いブログを書いています。

同じ状況、環境に苦しんでいる、個人事業主の方、フリーランスの美容師さん、中小企業の経営者さん向けの
対策として出された内容で僕が知っている情報です。

【こんな方に読んでほしい】

●コロナの影響で仕事が無くて困っている。
●フリーランス・個人事業主向けの補助金や貸付、給付金などを知りたい
●フリーランスの美容師さん

持続化給付金について。

持続化給付金とは何か?

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる事業全般に広く使える給付金を支給します。 ※経済産業省ホームページより

ということで、フリーランスを含む個人事業者、小規模事業者、中小企業、中堅企業を対象とした給付金(返済不要)のことです。

対象になる人

中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主など。
新型コロナウィルス感染症の影響で売り上げが50%以上減少しているもの。
※経済産業省ホームページより

【対象になる方】
●コロナの影響で売り上げが下がってしまったという方。
●個人事業主、フリーランスの美容師さんなど。
【対象外の方】
✖︎給与所得の方(サラリーマンなど会社員)
✖︎サロン所属の美容師さん

業種問わず今年いずれかの月の月商が50%以上減少した方が対象のようです。

判定式の例

【前年度の総売上(事業収入)ー(前年度比▲50%月の売上×12ヶ月)】
法人は200万円、個人事業者などは最大100万円以内支給。

※経済産業省ホームページより

との事です。
対象になるか計算してみてください。

持続化給付金についてまとめ

苦しい個人事業者の方フリーランスの美容師さん中小企業や小規模事業者の方には是非知ってもらえればと思います。
補助金、貸付ではではない点を考えると申請しやすいのかな、
むしろ申請した方がいいと思います。

【昨年度の決算書】【売り上げ減少月の売り上げ台帳】【本人確認書類】などの提出が必要になります。詳しくは経済産業省ホームページに記されています。

コロナ感染防止の※【オンライン申請】など(オンラインでなくても可!)など手続きはありますが健全に事業を継続していくためにもぜひご確認をと思います。
※オンライン申請の場合【gBizID】を取得する必要があるそうです。

gBizID
※5月1日の申請受付開始時点では【gBizID】は必要がないと発表されています。

持続化給付金について。

大まとめ

いつまで続くかわからないコロナショック。
美容室からのクラスター感染がでたというニュースも入ってきています。

美容室で働いているはずの僕たち美容師も働きたいのに働けないという苦しい状況が続いていて
どう判断するのが正しいのかわからない状況になってます。

「お店を営業する方がいい」「休業する方が正しい」などと論争も巻き起こってます。

経営側の人、スタッフ側の人いろんな立場の方がいろんな意見をお持ちだと思います。
意見の是非を問うのは非常にむずかしい状況です。

しかし本来、美容師をやっている方はみんな真面目で仕事が大好きで
人を綺麗にしたくて、笑顔にしたい。
そう願っている方達が多いと思います。

立場や環境が違えどみんなそれぞれがぞれぞれ苦しい時。

みんなで情報を共有しあって、美容業界がそして社会全体が少しでも早くこの状況から抜け出せるように協力し合えたら

美容業界はコロナショック以前よりも、もっとお客様を喜ばせる事のできる業界になっていく。

そう思うのです。

【あとがき】

こんな情報とっくに知ってるわ!!という方も最後まで読んでいただきありがとうございました。

僕もフリーランスとして10年。美容師になって17年が経とうとしていますがこんな状況は初めてで、
今までは何不自由なく【美容師】ができていました。

この状況になって初めて仕事が普通にできることは幸せなんだと感じています。

少しでも役に立ったと言ってもらえる方に届くことを願っております。

※調べた情報は補正予算の成立を前提としているため、事業内容が今後変更されることもあるそうです。
ですので詳細などは常に経済産業省のホームページなどでチェックされる方がよろしいかと思います。

また新しい情報や「こんなんもあるよ!!」など情報をお持ちの方がおられましたら
是非教えてください(^^)
では。


コメント

タイトルとURLをコピーしました