フリーランス歴10年!!表参道で働く美容師のブログ

白髪が目立たなくなるカラーとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com

こんにちは、西山です。

白髪染めをされている方も、

これから白髪染めを考えている方も、

白髪を目立たなくしたい気持ちは同じだと思いますが、

白髪染めは意外にもたくさん選択肢が

あります。

今日はその辺を書いていこうと思います。


まずはオーソドックスな暗めのトーンで白髪を染める染め方。

白髪はベースとなる髪にほとんど色素が無い

状態ですので、

しっかりカラーを発色させ、茶髪や黒髪に

発色させる為には

色素がたくさんある暗めの色を入れる必要があります。

ですので、

通常行なっているファッションカラー

(明るいヘアカラー)

の色素では白髪が染まりきらないことがありますので、

もとの茶髪や黒髪にしようと思う時

トーンの低いカラーを塗布する必要があります。

結果暗めの色になります。

そしてもう一つの方法は


あえて明るいトーンで染めてぼかす方法

これは最初の方法と逆の発想です。

明るく見える白髪の周りに生えている髪も明るいトーンで染めて、白髪とそうでない髪の所のトーン差を少なくして、染めるというより

ぼかす

といったイメージです。

白髪は染まりませんが、同じようなトーンの髪を増やすことで、目立たせなくすると

いうような方法です。

どうしても暗くしたくない人にはおススメです。


そしてもう一つ

ハイライトを入れる。

ブリーチやハイトーンのハイライトをベース

となる全体に入れる事で明るいカラーが

細かくハイライト状態に入る事で

部分的な白髪が目立たなくなります。

ヘアカラーにプラスαされるカラーなので

立体感もでるし、暗くもしたくないけど白髪

は目立たせたくない!って方にはいいかもしれません。


はい

この様に一言で白髪染めといっても、

技術や、やり方のプラスαで色んな

バリエーションの染め方ができます。

もちろん完成度を上げる為には、施術者の

方とのカウンセリングや白髪の

パーセンテージを見極める目が必要に

なりますので、担当の方とご相談されると

いいかと思います。

一度ご相談におこし下さい。

ではでは。

ご予約の方

お問い合わせ

この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NISHIYAMA AKIHIRO , 2019 All Rights Reserved.