効果的なヘアケアの順番と扱い方のコツをまとめました-おまけあり-

ヘアケアの方法







効果的なヘアケアの順番と扱い方のコツをまとめました-おまけあり-

困った表情の女性
「髪は常に綺麗でいたいけど、なかなか艶のある髪にならない。なにかやり方の順番が間違っているのかしら?」

そんな悩みを抱えていませんか?

「こんな簡単な事でよかったんだ」

「こんな簡単な事でケアができるんだ」

「この順番を変えるだけで違いがでるんだ」

そんな今日から簡単にできるヘアケアのコツと正しい手順を知りたいと思いますか?

この記事は少し意識するだけでもヘアケアができる方法を書いた記事になっています。

ご興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

【この記事でわかる事】
○髪をケアする効果的な順番
○今まで効果の出なかった人に押さえて欲しいポイント
○自宅で気をつけたい3つの行動

効果的なヘアケアの順番と扱い方のコツをまとめました-おまけあり-

効果的なヘアケアの順番と扱い方のコツをまとめました

シャンプー前のブラシング

まずはシャンプー前のブラッシング。

シャンプー中の引っかかりをなくし、洗いやすい状態にするだけでなく、頭皮の油分を均一にしてくれるので、泡立ちや毛髪の保護の役割も果たしてくれます。

ど忘れしていない日以外は出来るだけブラッシングをする様にしましょう。

この際できれば、柔らかいブラシを使うと頭皮や髪を傷ませずにすむのでそういったものをできるだけ使いましょう。

シャンプー時の注意点

いざシャンプーをするのも、いきなりベタっとシャンプー剤をつけるのではなく、「シャンプー前の流し」をしっかりする様にしましょう。

「湯シャン」や「予シャン」と言われるこの流しは実はこれだけで汚れをかなり落としてくれます。
そして余計なシャンプー剤を使わずにしっかりと泡立てる事ができる状態にしてくれます。

例えば、シャンプーだけで汚れを洗おうとするとその日の皮脂の状態が多いとなかなか泡だだない状態になりますので、2度洗いをしてもなかなか泡立たないという事になります。

状態によっては2度洗いをしたほうが良い方もいらっしゃると思いますが、たいていの方はそんなに何度も洗うと頭皮を痛めたり、必要な皮脂を取りすぎたりする事になります。

最初にしっかりお湯で流しをする事で、その辺が改善されます。

乾かす前に

乾かす前に意識して欲しいのは、いつもよりバスタオルでしっかりと水分を取るという事です。

特に乾きずらい根元の水分はしっかりととっておかないとドライヤーの時間が長くなってしまいます。

タオルドライで水分を良く取ってからドライヤーに移りましょう。

※この際、ガシガシ拭くのではなく、頭皮を抑える様に水分を吸収するようにしてあげると摩擦などのダメージを減らして髪に負担をかけずに水分を取る事ができます。

ドライヤーを使って乾かす際

さてドライヤーで乾かす前にやって頂ければ最高なのが、「保湿」です。

流さないタイプのトリートメント。アウトバストリートメントと言われるトリートメントを使いドライヤーの熱から守る様に保湿してからドライヤーをかけてもらえると最高です。

タイプ別に

  • ○ミルクタイプ
  • ○オイルタイプ
  • ○クリームタイプ

などがあり、それぞれの髪質に合ったタイプを選ぶと尚いいと思いますので、ご自分の髪質に合わせて見てみてください。

簡単にどういうタイプか説明しておきます。

【ミルクタイプ】

しっかり保湿できるタイプ。

比較的伸びやすく、硬毛、軟毛問わず使える。

伸びやすく扱いやすい

【オイルタイプ】

艶も出やすく保湿というよりコーティングに近いイメージ(筆者の経験上)
比較的乾かしたあと使うといいかも。

香りも良く、種類豊富。

【クリームタイプ】

しっかり保湿タイプ

くせが強いタイプの人にオススメ。

おさまりが悪く広がりやすい人が使うと落ち着くイメージ。

多少、筆者の偏見などもふまえてまとめるとこんな感じです。

このアウトバストリートメントを、根元付近は外して中間と毛先を中心につけて乾かしていくと良いと思います。

理由は中間と毛先が1番ダメージが多い部分なので、保湿しましょう。
ということです。

ドライヤーのかける順番ももちろんダメージの多い所はさけ、
根元→中間→毛先の順に乾かしていくと髪に必要な水分量をほどよく残してドライすることができます。

乾かし過ぎはオーバードライになってしまい広がる髪の原因になってしまいます。

乾いた髪にもトリートメント

ドライヤーで乾かし終えたら寝る前も保湿するといいと思います。

乾かす前に保湿したアウトバストリートメントを使って乾かし終えた髪にまとまりを出す意味で少し保湿しておくと朝まとまりのある髪で目覚める事ができます。

私のオススメは乾かす前に【ミルクタイプ】で保湿。

乾かしたあと【オイルタイプ】かクセの強い方は【クリームタイプ】で落ち着かせるのがオススメです。

外出する際は必ず

忘れがちになるのは外出する際。

通勤前や通学前。

外に出るとそこは紫外線といって髪に負担ををかける要素がたくさんあります。

外出時に1分だけ、髪に時間を下さい。

アウトバストリートメントを手のひらにつけ髪全体につけたら軽くクシでコーミングして出るだけでも良いと思います。

※この時紫外線対策ができるトリートメントなら尚よろしいかと思います。

【おまけ】

あと、実はこんなアイテムも実はケアに使えます。

その1 日傘
もちろん紫外線の対策です。
紫外線が直に当たる事を防ぐだけで髪をケアして過ごしている事になります。

その2 帽子
日傘とくればこちらももちろん対策になります。
まとめて髪をなかに入れておけば、紫外線からも防いでくれるので、髪にとっては優しいアイテムです。

色々試したけど効果なかった人も

色々試したけど効果なかった人

継続できれば結果は出てくる

どんな人でもヘアケアを続ける事ができれば効果はでます。通っているサロンの方と相談して、綺麗な艶が出るために自分の髪には何が足りないのかを良くご相談の上、髪質に合ったトリートメントなどを選ぶとより早く効果的なヘアケアができると思います。

ほとんど続かない人が多い

今までなかなか効果が出なかった人の大半は途中でやり方を自分流に戻してしまった方が多いです。

そして、「忙しい」「早く眠たい」「見たいTVがある」などの理由でながらになりがちです。

髪は一朝一夕で綺麗になったりはしません。

毎日の扱い方を少し変え、髪にとっていい扱い方をルーティーン化する事で綺麗な髪に変身していくことができます。

例えば

ヘアケアを1番意識できるのは美容室に来ている時かもしれませんが、
例えば2ヶ月に一度ヘアサロンに通っている方でものこり約59日間は自分でケアをしないといけないです。

2ヶ月に一度のケアも大切です。

枝毛を整える、ダメージしたところをカットする。自宅でできないようなトリートメントをしてしっかり保湿する。

しかしこれらのスペシャルなヘアケアの効果を長持ちさせより効果的にするには自宅での髪の扱い方がとても大切になってきます。

59日間のセルフケアをより効果的にするために少しでも効果のあるヘアケアの順序と方法を身につけると良いと思います。

まとめるとやっぱり大切なのは

長々と理由や例を挙げて話してきましたが、
この記事を読まれている方で多くの方もお気づきになられてると思います。

効果的な順番で効果的なトリートメントを使い効果的に乾かす。
そしてそれを続ければ髪は徐々に艶のある美しい髪に変身していきます。

すこしでも髪にいいケアを続けていって頂きたいとおもいます。

間違えない様にしたいポイント3つ

間違えない様にしたいポイント3つ

シャンプーについて

自論ですがシャンプーはサイトや人づての口コミがあまり意味がない様に思います。

理由は口コミを書いた(もしくは教えてくれた)人と髪の状態が違うからです。

流行りのシャンプーは分かると思いますが、それが自分にとって本当に満足いくシャンプーなのかは使ってみないとわかりません。

おすすめの探し方は、プロである担当の美容師さんとご自身の悩み、なりたいイメージの髪、どこがコンプレックスで、今の現状をどう感じているかなど、さまざまな事をお話しの上、このシャンプーならいいと思うというのを教えてもらうのが1番近道かなと個人的には思います。

ドライヤーの乾かし方

ドライヤーの乾かし方で軽く前半で書きましたが、ドライヤーの温度も100℃前後あるものがほとんどです。

それくらいの熱があるとタンパク変性をおこし、髪を硬くし枝毛の原因になるには十分だと思っています。

ですので、「たかだかドライヤーの熱!」なんて思わず、トリートメントなどでしっかりほしつ、保護することをおすすめいたします。

アウトバスなどトリートメントの付け方

基本的にどこにでもつけていいわけではなく、ダメージがより多いところにまんべんなくつけるのがいいかとおもいます。

ちなみにダメージが多い所で共通して言えるのは毛先が1番ダメージが多いという事です。

ですのでクリームタイプやミルクタイプオイルタイプに問わず、中間と毛先を中心につけ、クシなどでコーミングしてとどこおりなく塗布するのがいいかなと思います。

※ちなみにオイルタイプを根元につけすぎるとベタついて「頭を洗ってない子」みたいになるのであまりオススメできません。

まとめ

以上が効果的なヘアケアの順序を考えた記事になります。

皆さんの自宅での髪の扱い方の参考に少しでもなれれば幸いです。

では。


コメント