フリーランス歴10年!!表参道で働く美容師のブログ

雨の日の髪への影響について。パート2

 
この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com

おはようございます、

本日も雨ですね。

先日、雨の日のくせ毛の方の対策について

書いたのですが。

雨の日のくせ毛対策には。

雨というのはくせ毛の方だけでなく、

クセでお悩みのない方の髪にも影響があるので、そこらへんについても少し。

髪は濡らすと傷みやすいとよくいいますが、

皆さんが毎日浴びているシャワーのお水。

つまり水道水は

弱アルカリ性に人工的に整えてあるのですが、

(ちなみに髪は弱酸性)

弱酸性の髪に弱アルカリ性の水が触れると

タンパク質のバランスが崩れてキューティクルの開いた状態になります。

キューティクルは髪の表面を保護する

バリアになるのですが、

開いた状態だとダメージを受けやすく、

髪の内部からも栄養が抜けやすい状態になります。

美容室に行った時、

口ぐせの様に『髪乾かしてますか?』

と美容師さんに聞かれるのはこの為で、

乾かしていない状態より濡れたままの状態だとダメージを受けやすいからです。

※口ぐせで言ってる人もいるかもですが。

これは水道水。シャワーの話ですが、

雨は酸性。

水道水の人体にほとんど影響がない弱アルカリ性の水よりももっと大きなダメージを与える可能性があります。

基本的には髪は濡らさない方が傷みにくいです。

雨が小降りだからといって傘を持たない、

トリートメントをつけて出ない、

など

ヘアケアを怠ると思った以上にダメージになるので、外出の際は必ず保護する様にして下さい。

髪を綺麗に保たせる為には毎日のヘアケアが大切になります、

美容室に行ってケアをしている日以外の日でも自宅で出来るヘアケアを心がけると綺麗な髪に近づけるでしょう。

ではでは、

髪のご相談やご予約のお客様はお気軽にお問い合わせ下さい↓

お問い合わせ。

この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NISHIYAMA AKIHIRO , 2019 All Rights Reserved.