フリーランス歴10年!!表参道で働く美容師のブログ

艶のある髪を作る時のこだわり2

 
この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com

こんにちは、

西山です。

先日書いた記事。
艶のある髪を作る時のこだわり。
にも書いたように、
艶の出る髪を作る時の気をつけている事や、
こだわりという部分をもう少しだけ。

『ボリュームをすく。』

ということに関して少し書いていこうかなと思います。

僕が担当しているお客様は
髪の量がたくさんあり、癖が強めの方がけっこういらっしゃいます。

猫っ毛でブラントカットでパツっと切ったらいい感じ!

なんて方はけっこう少ないのですが。

そういう方をヘアケアしていく時、
気をつけている事があります。

それは

『スキすぎない』
ということです。

毛先や中間部分が多おからといって
スッカスカにすいたりはしません、

なぜかというと、
スキすぎるとパサつきやすくなるからです。

ボリュームがでる方はオーダー時に
『ボリュームを減らして下さい』
と言われる事が多いです。

めちゃくちゃ多い方なんて、
普段の生活に支障が出るほど髪が多い方がいらっしゃいます。

ドライヤーの時間がかかり過ぎるとか。

この様な方の要望をそのままに
めっちゃくちゃすくと今度は髪がパサパサになる事があります。

無作為に減らされた髪は重さがなくなり
パサパサになり、癖が出やすくなって、
なんだか切る前よりは少なくなったけど、
癖が出るようになった!!

なんて方も出てきます。

なので、
減らすポイントを決めてスカスカにならないように減らします。

(ポイント1)
髪の毛先の重さがある程度残り、癖を抑えれるくらいの重さが毛先に残る様に減らす。

先程書きましたが、
減らしすぎて毛先が軽くなるとパサつきと癖が出やすくなり、逆に扱いずらくなる為です。

(ポイント2)
ガッツリ空いたりしないようにする為に
スライドカットという方法で頭の形を見ながらボリュームの出て見えるポイントだけをとっていく。

ハサミの使い手と使い方によるでしょうが、
何も考えずズカズカとすきバサミで減らすと
毛先があっという間になくなる程減ってしまうので、ハサミでボリュームの出て見える原因となっているポイントだけ根元から毛先までのボリュームが自然と繋がるようなイメージで減らす。
馬の尻尾や習字の筆のようなイメージでボリュームが毛先に向かって少なくなっていくイメージで減らす。

(ポイント3)
頭の形を見ながら、ボリュームが出やすいポイントを選んで減らしていく。

頭の形は人それぞれです。
人形の髪を切っているわけではないので、
その方その方の頭の形を診断して、
その方がボリュームが出やすいポイントや、なりたいイメージのヘアスタイルに近づく様に、髪の溜まっているポイントを選んで減らしていく。

と、ざっと大きく分けても何種類か
出るほど艶を出せるようにするカットを
施しています。

カットは髪の艶のを出すのに
絶対に適当には出来ない技術です。

枝毛のカットと共に髪が綺麗になる
施術を心がけて、施術していきたいと思います。

なかなか手触り、
見た目が改善されない方。

一度ご相談下さい。

今日はこの辺で。

1人でも多くの方に自分の髪を好きになってもらえればと思います。

ではまた。

髪のご相談やご予約のお客様はコチラから↓

お問い合わせ。

この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NISHIYAMA AKIHIRO , 2018 All Rights Reserved.