フリーランス歴10年!!表参道で働く美容師のブログ

美容室のトリートメントでどれを選んでいいかわからない方へ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com

こんにちは。

西山です。

髪を綺麗にしたいというのは

女性だったらみんな考える事なのかなと

僕みたいな人間でも察する所ですが

そんな時よく

『美容室に行ってトリートメントでもしよーかな?』

なんて思いませんか?

そう、

綺麗にしたい=トリートメントしよう!

って方は多いと思います。

プロ目線で厳密に言えば他にもあるのですが。

(色々についての記事はコチラ)

そしていざ美容室の予約をとって、

来店した後、担当の方に聞いてみると

松・竹・梅のように

段階別でトリートメントの種類ってないですか?

1、お手頃な価格のシンプルトリートメント
2、1番よりはしっかりしてるが
3番よりはシンプルで手頃なトリートメント
3、ちょっと高価だけど、めっちゃ効きそうな高級トリートメント

…うーん

どれがいいなかな。

なんて思った事もあると思います。

ちなみに、

ちなみになのですがね。

いいトリートメントだからって髪に合うかどうかはわからないし、

思っていた様な仕上がりになるかはわからないですハッキリ言って。

これを言うと

美容室のオーナーさん的にはちょっと嫌だと思いますけど。

※売り上げあげたいでしょうし。笑

他の記事にも書きましたが、髪の状態って様々でいろんな状態になっている方がいます。

○健康状態マックスの元気な髪の方。
○過去にブリーチなど髪のダメージマックスで細っい芯だけのポーラス毛と呼ばれるキラキラした状態の方。

さまざまです。

こんなさまざまな状態の方達全てに

『高ければ高い方が効果がでます!!』

と言って間違いはないのでしょうか?

この答えは美容師さんによっても様々だと思いますが、

僕の意見はNO!
全然NO!

なぜか、

髪のダメージの状態で水分やトリートメント成分を吸収する吸収率が様々だからです。

めちゃくちゃ傷んでキューティクルが無くなり芯だけになってる方なんて、めちゃくちゃトリートメントの成分を吸い込み過ぎて仕上がりがめっちゃベトベトの重たい質感になってしまう事もあります。

実際お客様の髪でそうなった後輩を見た事があります。

100歩譲ってその仕上がりが狙いのお客様ならいいでしょう。

だけど大概の方は手触りが良くサラサラで

触ってて気持ちのいい仕上がりになりたいと思います。

※そうでないベトベト希望の方。すみません。

逆に健康状態マックスの方に最高級のトリートメントを入れても、成分が多すぎって事もあります。

沢山のケラチンや保湿成分、修復成分がなくても十分綺麗でサラサラの状態になるくらい健康だからです。

なので、

なんでもかんでも

『高いのがいいやつなんでしょ?』

ってことではなく、

大切なのは

今の髪の状態でベストな髪のコンディションにするにはどのレベルのまたはどの種類のトリートメントが自分に必要なの?

って事です。

そしてその状態は髪のプロである担当の美容師さんしかわかりません。

例えば、病院に行って調子が悪いと伝えたら

取り敢えずココで出来る最高の施術は手術なのでお腹切ってみましょう!!

って言うお医者さんはいないと思います。

髪の事は髪のプロに相談するのが1番。

なので相談してみるといいと思います。

手触り
見た目
長さ
質感

ありとあらゆる条件を加味して

ベストなトリートメントの種類を

選んでくれると思います。

少なくとも僕はそうしてます。

トリートメントは何がいいのかを聞いた時、

なんでもかんでも、

『高いやつがいいよ!』

って言ってる担当者さんだったら

何がいいのか?

どこが自分の髪に合うのか?

聞いてみて納得してから施術する事をお勧めします。

その方がお互いの為だと僕は思います。

トリートメントの選び方についてでした。

今日はこの辺で。

1人でも多くの方に自分の髪を好きになってもらえればと思います。

ではまた。

髪のご相談やご予約の方はお気軽にコチラにご連絡ください↓

この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NISHIYAMA AKIHIRO , 2018 All Rights Reserved.