フリーランス歴10年!!表参道で働く美容師のブログ

プールと海の季節ですね。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com

おはようございます。

西山です。

暑い暑い!!

って言ってても、

全然涼しくはならないので、

夏のヘアケアについてブログを書きますね。w

夏になるとプールや海に行かれる事が多くなってくると思いますが、

プールは塩素がたくさん入っています。

一般的なのは次亜塩素酸ナトリウム。

これはホコリや油、バクテリアを取るために

入れられているのですが、

髪をパサつかせたり、

切れ毛にしてしまうという副作用もあります。

だけど

プールには行きたい!!

という方向けに

ダメージを軽減する方法を

少し書きたいと思います。

その1真水で良く流す。

プールに入る前に真水でしっかり水分を髪につける事で塩素の入った水が髪にダイレクトに入る事を防いでくれます。

プールに入る前に一度しっかり真水で濡らしてから入りましょう。

その2軽くトリートメントをつける

毛先やダメージのひどいところはあらかじめトリートメントで保護してあげるのがいいでしょう。

市販のトリートメントは流れやすいので天然成分オイルトリートメントなんかがいいと思います。多いとベタベタになるので傷みの激しいところに少しだけ。

その3キャップを被る

スイミングキャップで髪をまとめているだけでも違いが出てきます。

カッコ悪い!

なんて言わずに、髪の為にはキャップをかぶりましょう。w

その4プールから上がった後は真水でしっかり流す。

上がってから塩素のついた髪をそのままに

しておくのではなくしっかり真水で洗い流して保湿してから乾かしましょう。



いかがでしょう??

意外と簡単なケアの仕方で、髪の状態を綺麗に保つ事ができます。

プールだけではなく海でも同じ方法で

ケアをする事が出来ますので、

おススメします。

夏は楽しい事ばかりではなく、

髪や肌に悪影響な事がたくさんありますので、

この夏もしっかり保護をして楽しい夏休みを過ごして下さいね。

他にも夏 紫外線 ダメージなどを書いた記事も

ありますのでそちらもご参考にして頂ければと思います。

日傘の色は何色が最適か?

海やプールに行くと髪が傷むのは何故??

本日も暑いですが、

紫外線対策をしっかりして、水分をたくさんとって熱中症に気をつけてください。

ではでは。

髪のケアのご相談の方はコチラ

ご質問やご相談の方

この記事を書いている人 - WRITER -
akihiro nishiyama
表参道にてフリーの美容師として活躍中。 数多くのお客様に施術を行なった経験から今の状態に必要な施術を的確にアドバイスいたします。 自身の髪を好きになってもらえるようにプロデュースしたいと考えておりますのでお気軽にご相談下さい。 akihironishiyama0511@gmail.com





Copyright© NISHIYAMA AKIHIRO , 2019 All Rights Reserved.