流さないトリートメント【N.シアミルク】使ってみた感想と評判や口コミ。

おすすめトリートメント







流さないトリートメント【N.シアミルク】使ってみた感想と口コミ


悩みを打ち明けるヒヨ子「美容院に何度行っても髪が綺麗にならないのはなんでやろか、、、、」

今回はそんな方の救世主になるかもしれないアイテムをご紹介します。

髪を綺麗にするために必要なのはな〜に?

答えはホームケアです。

理由は簡単。
自分の髪を1番触っているのは自分だからです。

彼氏や担当美容師よりも触る回数が多い自分が扱い方を気をつけるだけで髪は劇的に変わり始めます。

逆にいえば自分で1番触れているからこそ1番綺麗にできるチャンスがあるといえます。

前置きが長くなりましたが、
そんなホームケアを手助けするのに
【アウトバストリートメント(流さないトリートメント)】は欠かせない存在です。

数ある物の中から本日は
『N.シアミルク』をご紹介したいと思います。

(この記事を読めばわかる事)

  • ①【N.シアミルク】とは。
  • ②オススメする理由。
  • ③使ってみた感想と口コミ
  • ④こんな方にオススメ。

N.シアミルクとは?

N.シアミルクとは?

毛髪柔軟成分が配合されたナプラから発売されているミルクタイプのトリートメントで、
髪を柔らかくまとまりのある髪にしてくれるアイテムです。
軽いテクスチャーですが、髪にしっとりとした潤いと仕上がりにしてくれます。

ほのかに香るホワイトフローラルの香りは
クセもなくサラッと付けれてクドくない強さの香りです。

オススメする理由。

オススメする理由。

その1 反応の良さ

僕がオススメする理由は使った時のお客さんの反応を基準にしています。
シアミルクは使った時のお客様の反応がめっちゃイイです。
(香りがいいのも原因かと思うけど)
単純に反応がいいアイテムを使うと他の人にも共有したくなります。

その2 保湿力とおさまりの良さ

担当させて頂いているお客さん達のほとんどが「硬毛」「剛毛」「多毛」「クセ毛」の方が多く(なぜか多い)そんな方の仕上げで効果をはっきしているのを目の当たりにしてるので、まとまりズラい「髪質の方」にとくにお試しいただきたいです。
おさまりずらい人向けに記事を書いている僕としてはオススメしたいアイテムの一つです。

その3 使うのが簡単

その3
使いやすさ。これは意外に大切にしているポイントです。
「使うのがむずかしいィ〜!!」
なんて商品だとケア自体辞めてしまう人もいるでしょう。

「使ったらベトベトになってしまったア〜!!」
なんてアイテムだと使えないでしょう?

使いやすく、良い香りで、髪も潤いまとまる。
これに尽きます。

以上のことからオススメしたいホームケア商品のひとつなのです。

他にも別の記事にてオススメのヘアトリートメントランキングも作っています。
良かったらぜひみてみて下さい。
美容師が選ぶ保湿力の抜群の流さないトリートメントのオススメランキング3選!!

使ってみた感想と口コミ

使ってみた感想と口コミ

生のお客さんの声で多いのは

「良い匂い〜!!」
「髪がサラサラになったー」
「なんでこんなに艶がでるの?」

こんなところですね。

評判はとてもいいです。
施術でつけている僕もつけて乾かすだけで簡単にまとまる様子をいつもみています。

こんな方におすすめアイテム

こんな方におすすめアイテム

どんな方にも【乾かす前】や【外出前】には必ずつけて出て欲しいくらいですがあえてとくにこういう方にと思う方は

  • 剛毛
  • 硬毛
  • クセがでる
  • パサついている

というような方にオススメです。
※もちろんそうでない、猫っ毛軟毛の方にもサラっと仕上がりますので乾かす前に使ってみるといいと思います。

まとめ

ホームケアを話す時、大切にしているポイントが1つあります。
それは「シンプル」である事。

髪をキレイにする事や扱いやすくする事はもちろんの事ですが、やりやすく簡単だという事がなければ続ける事はできないと思っています。

ホームケアは効果が出るまで時間がかかります。

出来るだけ簡単でシンプルな方法を続けていく事が何よりキレイな髪への近道になると思っています。

オンラインでも購入できるか探しましたが、中古品だったりあまり安心してオススメできませんでしたので公式のサイトがあったのでそちらを載せておきます。

N.公式オンラインショップ

綺麗な髪作りに欠かせない「ホームケア」

そしてその「ホームケア」に欠かせない流さないトリートメント。

そんな中でもオススメしたいなと思ったアイテムを今回はひとつ紹介しました。

少しでも皆さんのヘアケアのお手伝いができれば幸いです。

ではまた。

先頭へ戻る

(c) akihironishiyama0511.com


コメント

タイトルとURLをコピーしました